スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
重量オーバーで追加料金を支払わない裏技!?
たった2ヶ月半の語学留学に、30kg以上の荷物を持って行った私。
成田で追加料金を9,000円弱も払わされました。

預け荷物にだけどうして重量制限があるのかしら?
機内にはどんなに重い物でも制限なく持ち込めるわけでしょう?
制限がないわけでもないのかな?
でも、体重制限もないしさ・・・。ブツブツ。
(体重制限があっても困りますけど!)

私は世界各国、結構飛び回っていて、これでも一応旅慣れている方。
にも関わらず、いっつも荷物がめちゃくちゃ多いです。
自分では「何にも入れてないのに!」と思っているんですが。
その上、スーツケースだけでも6.7kgもあるんですよねぇ。

そういう訳で、留学帰りの荷物なんてとんでもないことになりました。
下着類やTシャツなどはほとんど捨てて来たし、ホカロンなども
すべて下宿の子にあげてきました。

まぁテキストやノートなどが増えたのは仕方ないのですが、それに
してもなんでこんなに荷物があるの?という感じ。

これじゃお土産なんて入らない~!

という訳で、私は家族にソウルまで迎えに来てもらいました。
私の帰りの航空券はソウル(大学内の旅行代理店)で買った片道
チケット。ツアーでもなんでもないので1人20kgまでの重量制限が
ありました。

そこで!私は、ANAの「現地ホテル合流」が出来るツアーに申し込んで
ソウルのホテルで家族と合流しました。

そして家族には空のスーツケースを持って来てもらったのです。
ツアーなら荷物の重量制限がないので、重い荷物は家族に持たせよう、
という魂胆。

でも実は後で知ったのですが、最近は(ひょっとして前から?)
ツアーでも預け荷物の重量制限があるんですってね。

さて、下宿を出る時の私の荷物は、大きいスーツケース1つ、
キャスター付きの大きめな旅行カバンが2つ、肩掛けの大きな布の
バッグが1つと、大きめなエコバッグ2つ。ほとんど民族大移動
状態でした。(汗)

しかも、大きなスーツケースはなかなか閉まらず、スーツケースに
乗っても閉まらず苦労しましたが、1時間程の格闘の末、やっとの
ことで閉めました。下宿を出る前日にこのスーツケースは閉めたの
ですが、その後、日本に帰国するまで、二度と開け(られ)ません
でした。開けたら最後、二度と閉まらないと思ったので。

そうそう、お土産に買った海苔は箱ごとEMSで送ったのにこの荷物
ですからねぇ。
(海苔は軽くて安くていいんだけど、かさばるんですよね~)

ソウル市内のホテルに行くのに、タクシーを利用したのですが、その
タクシーを拾うまでにこれらの荷物を下宿の友達2人が手伝ってくれて
数百メートル歩いてくれました。

そして、市内のホテルで家族と合流し、キャスター付きカバン以外の
荷物を空のスーツケースに詰め替えて、さらに最後に追加したお土産を
大きめのバッグに入れて、いざ出国。

金浦空港でのチェックインの際は、実はもうツアー客でも荷物の重量
制限があることは分かっていたのですが、さすがに2人で40kgだから
大丈夫だろう~、と思っていたのです。

が!甘かった。

私のこれらの荷物は全部で60kg以上もあったんです!!!

一応、万が一の重量オーバーの場合を考えて、テキストなどの重たい
荷物はキャスター付きのバッグに入れておいたので、最悪、それを
機内持ち込みにしようと考えていたのですが、ANAの人が親切だった
のか、ツアー客には建前は重量制限があるけど、本当は緩いのか、
60kg以上の私の荷物たちは、追加料金を払わされることなく、ベルト
コンベアに載せられて、運ばれていきました。ほっ。

以上が、重量オーバーで追加料金を支払わない裏技?です。

あまり参考にならないかもねぇ~。(笑)

私の場合は、家族が旅行がてら迎えに来てくれたので、60kg以上もある
荷物を無事、追加料金を払うことなく、帰国することが出来ましたが、
なかなかそういう訳にもいかないケースがほとんどかと思います。
その場合は、お土産など使わないものは帰国の1ヶ月前位に船便で
日本へ送りましょう。韓国からの送料は比較的安いです。
そして出来るだけ荷物を軽くして帰ることをお勧めします。(汗)

ちなみに、留学に持っていた荷物についてはこちらの記事をご覧
下さい。

↓ クリックお願いします♪

  
[2010/03/27 22:08 ] | 留学生活 生活編 | コメント(5)
パソコンのデータバックアップ
私は韓国への語学留学にMacBookを持参し、毎日毎日、写真や動画を
たくさん撮ってはデータを落としておりました。
私のMacの容量は160GBですから、既に入っているデータを含めても
毎日追加されるデータにもビクとも致しません。

留学へ出発する前に、自宅のTime Capsuleちゃんにすべてのデータを
バックアップしてから出かけました。

このTime Capsuleちゃんはすごいんですよ~☆

大昔は我が家ではデータのバックアップはJAZ Driveにせっせと入れて
いたモノでしたけどね。古っ!(笑)

それが、今ではもうこのTime Capsuleちゃんに入ったTime Machine
1時間毎に自動的にすべてのバックアップを取ってくれるんですからね。
もう感動的です♪ しかもこのTime Machineが本当に優れています。
ま、どこがどう優れているかというのはここではいいとして・・・。

ともかく!留学中はこのTime Capsuleにつながっていなかったので
データが少々不安でした。

そしてある時! ドジな私はついにやっちゃいました!

Macめがけてお水をドバ~ッとこぼしてしまったのです。
いえ、あれは「こぼした」などという可愛いものではなく、流し込んだ
と言っていいほど・・・。
当然、私のMacに思い切りかかりました。と言うか、流れ込みました。

ガーン!!

もう慌ててしまって、とりあえず、全てのアプリを閉じて電源をオフに。
そして、Macについた水を拭き取り、さらに水が入ったと思われる方を
下にして斜めに干し(?)ました。

このまま動かなくなったらどうしよう???

・ ・・と思ったけど、2時間ほど干して電源をオンにしてみたら
問題なく動きました。

が、後で오빠に聞いたら、そういう時は電源を落としたりしない方が
いいそうです。そのままにして乾かす方がいいんだとか。ナンデ?

ともかく無事だった私の可愛いMacちゃん。
と、ここで、データのバックアップの重要性を再認識。
韓国で撮りだめた写真の数々・・・。バックアップ取らなくちゃ。

と思って写真データを見てみると6GB以上もあるじゃーないですか。
しかも韓国で撮った写真(と動画)のデータだけで、です。
私が持参したUSBメモリは単位が既にMBという情けなさ。
2~3日分の写真データくらいは入れられるかしら?という程度。

そんな訳で、韓国で容量の大きめなUSBを買うか、外付けハード
ディスクを買うか、はたまた面倒だけど、ネット上のフリーアルバム?
などにいちいち入れておくか?などと迷っている間に、無事留学は終了。

帰国後、まず一番にMacを取り出して電源オン。そして、Time
Machineでバックアップ開始。夜遅くに帰宅しましたが、丸々一晩
Time Machineは動いていました。朝、起きたときもまで動いていて
朝食の頃、やっと終わりました。

ほっ。

バックアップって本当に大事ですよね~。

Macの場合で言えば、MobileMeというサービスに登録していれば
こんな心配も全くナシ。使っていないので詳しい機能説明は出来ませんが
どうやらスゴイらしい、ということだけ知っています。(←超いい加減)
だって、Macユーザで、さらにiPhoneユーザだったら、なんで登録して
ないの?というサービスなんですから・・・。

もちろんiPhone とも自動的にシンクするので、アップルのサイトに
よれば、「どこにいても、どのデバイスを使っていても、最新の情報に
アクセスでき」るそうです。(Windowsパソコンにも対応して
ました。)

お得なファミリーパックもあるのに、ナゼ登録していないか?

ん~、それは、コレに登録すると、メアドがもらえるのですが、私は
今使っているプロバイダーも結構気に入っているし、メアドを変更する
のも面倒だなーと思って、ついつい登録していません。
現在使用中のプロバイダーの料金の方がMobileMeの年間使用料よりも
割高なんですけどね・・・。

やっぱりそろそろ変えようかな?

他にも、バッファローから外出先にも手軽に持ち運べる〈リンク
ステーション〉HDD(NAS)LS-SLシリーズというのが出ています。
これもMacに対応しているようなので、いいかも。

皆さん、日頃からデータのバックアップはしっかりしましょうネ。

では皆様、今年も大変お世話になりました。
また来年もよろしくお願いします。良いお年を~☆

って、来年も更新続ける気満々のマシマロであります。(笑)
[2009/12/31 13:33 ] | 留学生活 生活編 | コメント(0)
韓医学
韓医学ってご存じでしょうか?
韓国ドラマ「チャングムの誓い」をご覧になった方は、ご存じかな?
Wikiの説明はこちらをご覧下さい。

私も存在自体はもちろん知っていましたし、韓方化粧品はもちろん
韓方薬の存在も知っていましたが、お化粧品はともかく、韓方薬を
買うという発想はありませんでした。
ま、韓方化粧品も買ったことはないんですけどね。(汗)

そこで、今回はせっかくこちらに住んでいるので、韓方薬を処方して
もらいたい!と思って、韓医院の予約をしてみました。

コネストやソウルナビ等々のサイトでも色々な韓医院が紹介されて
いますので、参考になさって下さい。

梧桐堂韓医院
明洞慶熙韓医院
キリン韓医院
中正韓医院

私が行った韓医院には、日本語の堪能な助手の方?がいて、
私の症状などはある程度、通訳して下さいました。
また、韓方病院の先生は英語が堪能で、日本語も聞き取りは少し
出来るようでした。途中で助手の方退席されたので、あとは英語と
韓国語で説明してもらいました。

でも意外に医療用語は韓国語の方が日本語に似ていて分かりやすい
かな?という単語もありました。面白いですね。

まずは、アンケートのような問診票に名前等を記入し(日本語でOK)
50問ほどの質問に答えます。
これが実は「四象体質検査」というもので、その結果がすぐに
出てきます。四象体質については、こちらに詳しく出ているので
参考になさって下さい。

この結果が意外や意外、私は身体に熱がたまりやすい体質でした。
日頃から、冷たいものはほとんど飲まないし、身体を温めるものが
大好きなので、そういうものを好んで食べたり飲んでいましたが
これが良くないらしいです。

私が受け取った検査結果をもとに、ネットでも少し調べてみたら
書いてあることが微妙に違っているのですが、基本、身体を温める
飲食は避けた方がいいようです。日本人には私のタイプはとても
少ないらしく、韓国人に多いタイプだそうです。
やっぱり韓国人なのかな?(笑)

食事に関して言えば(性格なども出ている)、私が日頃好んで
食べているモノがほとんど全部、私には向いていないということが
分かりました。こわいっ!

    *    *    *    *

そのあと、触診。触診と言っても脈を測るような仕草と、手を
さすったりしていました。あとは舌を見て終了。
ほんの2分ほどで完了。

私は、出来れば痩せ薬のようなモノを処方してもらえたら、などと
不謹慎にも思っていたので、「こちらに来てから急激に体重が増えた
んです!なんとか痩せさせて下さい!あと冷え性もあるし、体質
改善したいんです!」みたいなことを言ったんですが(これは
ちゃんと助手の方が訳して下さいました)、先生の診断結果は、あっさり

「ん~、健康そのものですね。」!!

いえ、健康なのは分かってますけど、そこをなんとか!
(とはもちろん言わなかったけど・・・。)

先生がおっしゃるには、私には「痩せ薬」のようなモノは不要。
日本に帰れば戻ります、だって。
そして「冷え性」も気のせい、とは言わなかったけど、気にする
ほどのことはない、とのこと。

よく、韓国ドラマなどに出てくる韓方薬は、液体でパックに入って
いるのですが、私はアレを調合してもらうのを楽しみにしていたの
ですが、残念ながら、私には、面白くもなんともない(薬に面白いも
面白くもないか!?)普通~の内服薬。

どうせ内服薬なら、ドラマに出てくるようなバカデカい丸薬でも
出してくれればいいものを(とは言え、そんなデカいのも困るけど)
正露丸よりちょっと小さいくらいの粒が30~40個も入った薬が
2種類あるんです。量が半端無いです。これには驚きました。

先生、この薬は一体なんのお薬なんですか???
一応、私の体質をより良く改善する薬・・・のようですが。

私が処方して欲しかったパックの薬。
(知人のを撮らせてもらいました。)
韓方薬

韓医院では保険がきかないので、結構なお値段です。
とは言え、私の場合は、例のパックの薬でもないし、安い方
みたいです。

でもこれはこれで、まぁ面白い体験でした。

(追記)
私が処方されたお薬の写真~♪
韓医院薬

↓ クリックお願いします♪

  
[2009/12/09 18:59 ] | 留学生活 生活編 | コメント(2)
持ってきた荷物について
いよいよ留学終了が近づいて、ワタクシ、毎日泣いております。(爆)
ホントにいい年こいて、よく泣くなぁ~。
でもねぇ~、私の場合は、こうして周りを気にせず(少しは気に
しろってか!?)涙を流すことで、何とかやってこられたのです。

実は、志半ばで、学校を辞めてしまい、日本に(はたまた別の母国へ)
帰ってしまった人が結構いるんです。
単純に勉強についていけなかった人もいれば、体調を崩してしまった人、
神経が高ぶって毎日眠れず、心と身体をやられてしまった人、等々。

そういう意味では、私なんぞ、初日からすぐにでも帰りそうな勢いで
いたのに、ずうずうしくも今は「みんなと別れたくな~い」などと
泣いている訳ですから、調子がいいモンです。
(皆さんの予想通りの行動でお恥ずかしい限りですが。)

でもこれも、泣いてしまって、心の中に溜め込まずに、感情を外に出す
ことで、ストレス解消?になっていたのかな?とも思います。
(周りの人にはいい迷惑だったかもね。汗)

最初っからいい年こいて泣いている姿を見ていた周りの人は、
今また私が泣いていても「언니はすぐ泣くから」と思ってくれてて(?)
気兼ねせず(しろよ~!?)泣けます。(笑)

    *    *    *    *

さて、今日は、持ってきた荷物についてです。

持ってきて良かったモノ、持ってくれば良かったモノ、
持ってこなければ良かったモノ等々・・・色々とあります。

これから韓国へ留学を考えている方のために、少しでも参考に
なれば・・・と思います。
あくまでも私の場合ですが、まとめてみますね。

まもなく、帰国のパッキングもするので、またその時に
思い出したら、追記します。

長くなりそうなので、「続きを読む」でどうぞ。

↓ クリックお願いします♪

  

続きを読む

[2009/12/08 22:09 ] | 留学生活 生活編 | コメント(0)
雨が降ると・・・
今日のソウルは快晴だったんですが、雨のお話。

先日、雨が降った日に、授業中、先生が「韓国では雨が降ると
부침개(プチムゲ←実際はプッチンゲに聞こえるかな?チヂミの
ことです。)と막걸리(マッコリ)を食べる(&飲む)んですよ~」
と教えてくれました。
これって有名なんですね。こちらにも載っていました。

雨の音がチヂミを焼く油の音を連想させるから、雨の降る日は
肌寒いので温かい食べ物を食べたくなるから・・・など諸説が
あるようですが、雨で買い物に出かけるのが面倒だから、家に
ある材料で作れるもの、ということでチヂミを作る説もある
そうですよ!

確かに、下宿でも先日、雨の日にチヂミが出てました~!
写真はどこかのサイトから拝借しました~。

???2

???

また別の授業中には、「雨が降った夜は、자장면(チャジャンミョン
=ジャージャー麺)を食べる人が多いんですよ~。」とも教えて
くれました。

以前、こちらの記事でも少し触れましたが、韓国では배달
(ペダル=配達)がとっても盛んです。どこにでも、何でも、
配達してくれるそうです。
その배달の代表格と言えるのが、この자장면。映画やドラマでも
何度見たことか!(結局こちらで一度も頼んでいませんが。)

雨の日は外出したくないので、자장면を배달で注文する、という
ことだそうです。

また、こんな歌もあるそうですよ。
♪돈 없으면 집에 가서 빈대떡이나 부쳐 먹지~♪
お金がなければ、家に帰って、ピンデトック(緑豆チヂミ)でも
食べようかぁ~、みたいな歌だそうです。
この歌詞はお金がなければになっていますが、前の方の歌詞に
雨が降っている描写があるとか。
先生が歌ってくれたのは、上記の部分。(笑)

ちょっと話が逸れますが、韓国では「初雪」が特別な日です。
ドラマ「冬ソナ」をご覧になった方はもちろんご存じでしょうが、
初雪の日にデートすると、そのカップルは幸せになれる、とか
初雪の日に出会った人とはうまくいく、とか色々な言い伝え?が
あるそうです。
(ちなみに今年のソウルの初雪は先月、日にちは忘れましたが
朝方チラリと降っただけだったので、初雪デートが出来た人は
少ないかもしれませんね。)

日本では「雨が降ると食べるもの」や「初雪デート」のような
モノがありますかね?「(付き合って)100日記念」くらいは
するカップルがいるかもしれませんけど・・・。
[2009/12/07 19:04 ] | 留学生活 生活編 | コメント(2)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。